硬貨と人形

高いリターンと安定性

婦人

低金利時代だからこそ選択

かつては金融機関に預金すると、年率6パーセント以上の利率がついていました。半年複利で10年間おいておくと、単純計算で預け入れた金額がほぼ倍になっていたものです。そんな時代には元本割れのリスクがない預貯金で十分お金を増やすことができましたが、今はゼロ金利政策からさらに進み、マイナス金利政策にまでなっているため、預貯金での利息はほとんど期待できません。そのため、お金を増やすという目的を叶えるためには、多少のリスクは取らないといけない時代になったといえます。そうなると、どの金融商品がリターンを得ながらもリスクを抑えられるかという点が重要で、みんなで大家さんは注目に値します。みんなで大家さんは稼働している物件から上がる家賃を分配し、報酬とする金融商品です。

運用実績は好調

みんなで大家さんを検討するにあたって知っておきたいことは、運用開始以来、その実績は好調であるということです。想定利回りは5%から7.5%としていますが、これまでこの想定利回りを下回ったことは一度もないという、好パフォーマンスを叩き出しています。最低投資金額は100万円と比較的ハードルが低いうえ、3年間という短期間に期間を区切っての運用となっています。3年間ならば、余剰資金を投資に回してみようという計画が立てやすい点も、みんなで大家さんに投資する人が増えている理由となっていると思われます。この超低金利の時代に年率5%はかなり大きいといえますので、リスクを取る価値はあるでしょう。常に稼働物件を選択して運用し、分配する家賃を得ているところも、大いに注目すべきポイントです。